現在ヘルパンギーナが流行しています。

ヘルパンギーナは、夏風邪のひとつで、突然の高熱と口腔粘膜に現れる水疱を特徴とした急性のウイルス性感染症です。

患者は乳幼児が中心で、5歳以下が全体の約9割を占めています。咽頭痛のため、水分が十分に取れないと脱水症になることがあります。
大半は予後良好疾患ですが、まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎を合併することがあるので、発熱以外に頭痛、嘔吐などの症状や心不全兆候の出現には十分に注意する必要があります。
ヘルパンギーナのワクチンはありません。ウイルスは、患者の便に多量にふくまれており、症状が消失してもしばらくは排出されます。感染予防の為には手をよく洗うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>