予防接種

B型肝炎ワクチン定期接種化へ

2016年10月1日から、2016年4月1日以降に出生した0歳児を対象にB型肝炎ワクチンの定期接種が開始されます。B型肝炎ウイルスは感染力の高いウイルスであり、日本においても母子以外の家庭内感染(祖父母や父など)や保育園での施設内感染等(かみつき 汗 尿 唾液など)の水平感染を視野に入れた感染防止対策として、定期接種化が望まれていました。

対象者
平成28年4月1日以後にうまれ 生後1歳に至るまでの間にあるもの(0歳児)
標準的な接種スケジュール
1回目:生後2か月で1回
2回目:1回目の接種から27日以上あけて、生後3カ月で1回
3回目:1回目の接種から139日以上あけて、生後7から8カ月で1回

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザの予防注射を10月19日(月)より始めます。
ことしの予防注射は昨年の3価から4価に増えたため料金がすこし値上がりしました。
インフルエンザに関しては予約が要りませんので都合のいい日 いい時間に来院ください。

インフルエンザの予約を開始しました

接種開始 10/20(月)~
対象 0歳6ヶ月-12歳 2回接種
13歳以上 1回接種

予防接種専用の時間帯(14:30-15:00)外もご予約可能です。
なお、受付に予診票がありますので、ご自由におとり下さい。

水痘ワクチンが公費対象となります

2014年10月1日より、水痘(水ぼうそう)ワクチンが定期接種となります。対象者は、市より予診表が送付されます。

対象年齢:1歳・2歳児
回数:6ヶ月以上の間隔をおいて、2回

* なお、2014年度は経過措置として、3歳・4歳児も対象となります。ただし、1度も接種したことがない場合に限ります。
予診表は各自、保健センターへ取りに行く必要があるそうです。