B型肝炎ワクチン定期接種化へ

2016年10月1日から、2016年4月1日以降に出生した0歳児を対象にB型肝炎ワクチンの定期接種が開始されます。B型肝炎ウイルスは感染力の高いウイルスであり、日本においても母子以外の家庭内感染(祖父母や父など)や保育園での施設内感染等(かみつき 汗 尿 唾液など)の水平感染を視野に入れた感染防止対策として、定期接種化が望まれていました。

対象者
平成28年4月1日以後にうまれ 生後1歳に至るまでの間にあるもの(0歳児)
標準的な接種スケジュール
1回目:生後2か月で1回
2回目:1回目の接種から27日以上あけて、生後3カ月で1回
3回目:1回目の接種から139日以上あけて、生後7から8カ月で1回